コンセプト | 自分らしくデザインしたオーガニックハウスやデザイン住宅でゆったりと暮らしませんか?

コンセプト

住まいを考える上で
オーガニックハウスが考える住まい。
それは、自然の光を自由なまま、自然な風を自然のままに住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着きを持たせた住まいです。
流行や斬新なデザインを取り入れたり、奇をてらったデザインを取り入れるのではなく、家族の絆や暮し方を大切にし、時代とともに子や孫に継承される家づくりです。
決して色褪せることなく、皆に愛され続けていく住まいづくりを目指していきたいと思います。
普遍的価値について
「なぜ木はこんな形をしているんだろう?」
「どうして花はこんな形をしているんだろう?」
と考えたことはありますか?
建築家フランク・ロイド・ライトは、『普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』について、有機的建築の重要性を唱えました。
動物も植物も、全ての生き物はその環境で生き抜いていく為に自らの形を進化させてきました。
環境にフィットした形には無駄が無く、何十年、何百年経っても本当に美しく、流行とは関係の無い普遍的な価値をご提案いたします。
そして、その理念に従ってデザインされた数多くの住宅が、建築後百年の「時」を超えた今も大切に住み継がれていることがその証明です。

春夏秋冬
四季の移ろいを感じ取り、木漏れ日、たおやかな緑の木々、爽やかな風。
日本の四季を感じる贅沢を住まいの中に取り入れてみませんか。
自然を五感で感じ、自然と共に暮らしていく。
外でも中でもない曖昧な空間こそが、人にとっての居心地の良さを感じる場所の一つです。
太陽とそよ風を肌で感じることの出来る、もう一つのリビングをあなたに。
目に見えない壁
フランク・ロイド・ライトは、「室内空間をドアや壁などで仕切って固定するのではなく、オープンにしてかつダイナミック、ドラマチックな動きをもたせる」という設計において、「部屋、つまり箱の組み合わせではなく、動きのある空間のつながりで住まいをつくる」ことを唱えています。
流れるような空間の中に、緩やかな壁があること。
それが自然な動きとなって広がりを作り出します。
目には見えないけれど、身体と五感で感じられる壁があります。
また、天井の高低差によって、解放感と圧縮感を表現し、そこにも緩やかな壁が存在するのです。
光を取り入れた生活
人に生気を与える太陽光。
オーガニックハウスは、太陽光を「透けて見える壁」から取り入れることで、緑、景観、環境との一体感を図ります。
これは、フランク・ロイド・ライトの「昼は自然の太陽の光を、夜は太陽光にもっとも近い、最小限の明かりを」という考えにも共通する部分です。 床と梁の間に存在する透明な壁「ガラスウォール」から太陽光をたっぷりと取り入れ、部屋全体を柔らかい光で満たします。
凛とした空間、やすらぐ空間
日本間には、「正座をして礼を正す場所」と「畳の感触を感じて横になりくつろぐ場所」との相反する使われ方があります。
和の様式美を尊重し、天井の高さを抑えつつ、照明などは光と影のコントラストを強調することで、異次元な空間を作り出し、重厚さと落ち着きのある空間を作りあげます。
また、空間の中の求心点を床の間に集めることで、和室の美はより一層引き立ちます。
柔らかく、優しく、穏やかに
オーガニックハウスは床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考えています。交わる部分を意識的に弱め、曖昧な部分を作り出すことで、床と壁、壁と壁、壁と天井の連続性を表現しています。
重要なことは、この連続性をどのように柔らかみを失わずに表現するかということです。作品のコンセプトに応じて、心地よさを感じられるデザイン住宅を作りあげます。
思考と落ち着きの籠り場
思考と落ち着きの為の最適な籠り場。
人にはそんな場所も必要です。
オーガニックハウスでは、円形の壁が人を優しく包み込み、外観からは半円の外壁として住まいを引き立てます。
曲面が持つ解放感と、内に宿る求心力のバランスが、「思考と落ち着き」を醸し出す重要なポイントになります。
触れる喜び
フランク・ロイド・ライトは「元々の自然の素材の風合いを失わないように使うべきだ」と語っています。その為、オーガニックハウスは自然素材でなければ伝わらない温もりや質感を大切にしています。
もちろん機能面で必要なところでは人工素材を使用しますが、融合された素材の本質を考え、慎重に選択をします。
それは、ただ人工素材を使うのではなく、質感や手触り感、色を基に、一つの有機的なものに仕上げることが、五感の豊かさへの繋がっていくと考えています。

ページの先頭へ